jubeatの曲入れ替え制度についての雑感

はじめに

曲入れ替え制度のもたらしたメリットとデメリットについての考察のようなものです.
(8:09追記:saucer自体の考察ではないので、1クレ3曲設定等は考察対象外です)

できるだけ中立の観点から書いておりますが,執筆者は制度に対して擁護よりです.またここに書かれていることは一側面であり,プレイヤー全員の意見を代表しません.その点はご留意ください.
『入れ替えは○○の曲が遊べなくなるからクソ!』と言っている人にこそ読んでいただきたい文章となっています.
最後に蛇足ながら今のjubeatに足りないと思うものを書いてみました.

そもそも楽曲入れ替え制度とは?
jubeat saucerで導入された試みで,毎月版権コナオリが10曲程度ずつ遊べなくなる代わりに,新曲や遊べなくなった曲が復活するシステムです.以下のインタビューも参照してください.

製作者インタビュー

(アルカディア紛失のため,クソゲー@wiki の jubeat saucerより引用)

「やはり楽曲は少しでも多く収録したいんですよね。楽曲配信に関しては、やっと実現できたというところです。これで楽曲を増やして、さまざまなニーズに応えれるようになりそうだなということが見えました。しかし、その反面、一曲一曲の良さが目立ちにくくなってしまったり、選曲する時の足かせになってしまったりするという問題も出てくるんですよね。消えるという選択肢はかなり悩んだのですが、ゴールを目指すゲームではなく常に変化し続けて、飽きないゲームを作りたいという思いもあり導入を決断しました。より楽曲の一曲一曲をみんなで楽しめるように、常に「今」一番熱いラインナップが収録されている状態にして、いつ遊んでも面白い『jubeat』にしていきます!」(saucer稼働前のアルカディア2012年10月号掲載のディレクター・まっする氏のインタビューより抜粋)

「毎作新規楽曲を追加してきたこともあり、今に至るまでに楽曲がどんどん増え続けてきました。もちろんそれはとても良いことではあるのですが、楽曲が多過ぎてユーザーの皆さまが、どれをプレイしたらいいか分からなくなるといった一面もあるのかなと思います。また、今後もすごいペースで楽曲を追加していく予定ですが、今度は収録曲のボリュームが今までを遥かに凌ぐものとなり、飽和状態となり得ます。こういった事態を避けたかったというのが楽曲入れ替えシステムを導入した経緯ですね。」(アルカディア2012年12月号掲載のサウンドディレクター・ショッチョー氏のインタビューより抜粋)

私から見た入れ替え制度のメリット・デメリット

繰り返しますが,以下の意見が全てではありません.

・メリット

新曲・移植曲の増加.
これまでに比べ圧倒的に新曲・移植曲が増加しています.移植曲の選曲も概ね良好です.なお,瞬間的な収録曲数は5/27の復活3曲でcopious APPEND(247曲)を超える250曲となり,過去最多になります.

saucer : 140曲 420譜面 (5/1追加分まで)
copious : 94曲 282譜面
knit : 77曲 231譜面
ripples : 73曲 219譜面
jubeat : 59曲 177譜面

※削除曲を考慮しておりません.

saucer新曲の内訳は以下の通り.
版権 : 新規34曲 + plus移植7曲 = 41曲
コナオリ新規 : bistro 21曲 + いまだけ 5曲 = 26曲
コナオリ移植 : bistro 26曲 + いまだけ 14曲 = 40曲
連動イベント: Cafe 7曲 + マラソン 8曲 + 学園 10曲 = 25曲
ひなビタ : 4曲
LANA : 4曲
計140曲 (Kick It Outを含めると141曲)

マッチング率の上昇.
曲数上限を押さえることで,選曲率が低めな曲の選曲率・マッチング率が上昇しています.マッチングシステムは誰かがクリアすれば全員SAVEDなので,クリアできない曲が多い初心者にとって非常にありがたいシステムです.全曲クリアできる人には見逃されがちですが,マッチングによるSAVEDは良い初心者救済システムです.曲伝導という観点からも,入れ替え直後は一時的にマッチングランダムの母数が減り新曲が出る可能性が上昇しています.

・デメリット

ある特定の曲が突然遊べなくなる可能性があります
::好きな曲が好きな時に遊べない
これが嫌われている主な原因だと考えています.フラッとやりに行ったのにやりたい曲がなかった,この曲のこの譜面が楽しいからjubeatをやっているのに人気がなくて入れ替えられてしまった,などから起こる『私が好きな曲を消すなんて!!!』というような意見です.

::練習曲で地力上達ができない
EXT譜面が低Lvであったり,特定の要素の練習にはなるが別の曲に類似の上位譜面がある曲が遊べないと,初心者~初級者の人が上達に苦労します.

::入れ替え曲の選定基準が曖昧.
後に『ヒットチャート上位50曲に入らなかった楽曲から、LEVEL、作曲者のバランスを考慮し入れ替えを実施』と発表されましたが,稼働当初は選定基準が全く分からず,好きな曲がいつ入れ替えられるかという恐怖感がありました.版権曲も同様の基準と考えられますが,明らかになっておりません.このあたりが曲入れ替え自体にも不信感を与えていると考えられます.

復活曲による新曲ペースの低下.
初期のいまだけ楽曲は新曲で盛り上がりましたが,中期からはほぼ復活曲のみになり,入れ替え制度によりいまだけ楽曲の強みや良さが削がれていると感じます.

曲埋めの意義低下.
従来は曲が消えない=スコアが消えない(実際には復活したらスコアも残っていますが)でしたが,入れ替えにより全譜面でスコアを残す意味を失い,モチベーションが薄れた方がそれなりに多いようです.途中からTOTAL BEST SCOREが復活したため,ランカー狙いの人は埋める意味がありますし,後述しますが上達のためには曲埋めをオススメしたいので,完全に意義がなくなったわけではありません.

入れ替え制度によるフルコンチャレンジの偏り.
稼働時より,フルコンチャレンジに入れ替え対象曲を多く選出する傾向がみられました.特に1月や2月はほぼ入れ替え曲のみの選出であったため,『フルコンチャレンジ選出=入れ替え対象曲』という誤解を植え付けてしまいました(4月以降になってこの誤解は概ね解けています).またcopious以前はイベント合わせや記念日合わせの選曲も多かったのですが,saucerになってその頻度は下がっています(これも,代わりにきょうの称号で多く補完されています).これらの原因により,曲入れ替えのせいでフルコンチャレンジを活かせていないように感じられます.

好きな曲が遊べないから入れ替え制度はクソ,jubeatはクソゲーだという方へ

まずその曲を自分がどれくらい遊んでいる/いたか,考えてください.
好きでもたまにしかプレイしないのであればスタッフ側に伝わりません.ゲーム自体をたまにしかプレイしないのであればなおさらです.jubeatをプレイすらしていないのに文句をいう人は流石にいないと思っていますが….

次に,曲が好きなのか,それともjubeatで遊べることが大事なのか,一度考えてみてください.
曲が好きと言う方は,その曲が筐体で聞けないならばjubeatというゲームは遊ぶ価値がないのでしょうか.
jubeatで遊べることが大事だという方は,その曲の一時削除はメリットを打ち消して余りあるほど許せませんか.また,plusでやるだけでは満足できませんか.

価値がない,許せないと言うのでしたら,残念ながら入れ替え制度があなたに合っていない,ということ以外何も言うことができません.ですが,少なくともデメリットばかりではなくメリットも存在することを少しでも認識して頂けたら,そして批判は入れ替え制度だけにし,ゲームそのものをそのまま否定することは避けて頂けたら,と思います.

:選曲が偏って視点が狭くなっていませんか.
上達したいならば,特定の譜面ばかりやっているのは非効率です.いろんな譜面を触りましょう.それに,せっかく多くの曲が収録されているのに,一部の曲ばかりプレイしてほとんどの曲に触れないのは勿体無いです.jubeatの曲チョイスはなかなかいいセンスですので,プレイついでにいろんな曲を聞いてみるのはプラスになるはずです.『今は遊べないあの曲もいいけど,この曲もいいね!』というような曲を見つけて頂ければと思います.

版権料がかからないコナオリを消す意味が分からない,粗末に扱っているのでは,コナオリアーティストを大事にしていないのでは?という意見について
少し揶揄しすぎでは,と感じています.おそらく意図的なものではなく,単に版権との収録数バランスをとるつもりだったのが,プレイヤーに受け入れられず,コナオリを粗末にしているのでは?と捉えられてしまったと考えています.(ですが同時に,収録アーティストの偏りについてはもう少し改善していただきたいと感じています.)

制度とその影響に対する個人的な考察

この制度の一番の目的は,新規層開拓だと思います.一見さんのような新規プレイヤー及び,これまでプレイしていなかった他機種プレイヤーが始めやすい環境を作るためです.
メリットの半分は新規プレイヤー向けです.マッチングによる新曲解禁,SAVEDのメリットは初心者には非常に大きいものです.
コアプレイヤーへのメリットとしてスタッフが考えていたのが,新曲や移植曲の増加だと思います.ボス曲を大量に用意,連動イベント等で曲をどんどん追加していくことで新しい曲に触れてもらうことが目的だと考えていますが,残念ながら曲の入れ替え削除による『いつも遊んでいた曲が遊べなくなるデメリット』を上回っていないのではと感じます.

スタッフがいわゆる『新規病』にかかっている感じはします.新規プレイヤーを取り入れようとするあまりコアプレイヤーをないがしろにする方針が怒りを買っているように見えます.但し新規が入らないとプレイヤー数が減少して終焉を迎えることは常に考える必要があります.新規がとっつきづらいゲームはプレイヤーの流入より流出のが大きくなりがちです.
特に今,文句の声を挙げているのは中級者のコアプレイヤーだと思います.初心者・初級者は曲解禁のメリットのお陰で文句が出づらい(単に騒ぎ立てずに離れている人も多い)印象がありますし,上級者は入れ替えによる削除など気にせずプレイしている印象があります.あくまで印象です.
なので,私はいわゆる中級者層への救済措置が足りていないために曲削除ばかり取り沙汰されているように見えます.そこを救済すれば少しは不満の声は収まるのではないでしょうか.

今のjubeatに欲しいもの

以上より,私は筐体上でのみ進行するイベントの充実を図るべきだと考えています.まっするさんは筐体で出来ることをシンプルに,というコンセプトのもとでゲーム設計をしているようですが,あまりにシンプルすぎるのは新規呼び込みよりも既存プレイヤーを離れさせてしまう効果のほうが大きいように感じます.
また,スタッフの方々は,もう少し意図の説明や,質問への返答,プレイヤーの生の声を聞くようにしてみてはいかがでしょうか.あまりに説明不足すぎて不信感を煽っている節があります.要望をそのまま解決するだけでは必ずしも成功しないのは事実ですが,不満をそらすには現状のゲーム状態ではもう一つ足りないように感じます.もう少し,プレイヤー目線での開発が必要なのではないでしょうか.
他にも色々細かいことはありますが,入れ替えに関して言うならば上記2点が,現時点で私がスタッフの方に何かしらのかたちで伝えたい,今のjubeatに欲しいものになります.

終わりに

以上の考察が全て正しいとは思っておりませんが,少しでも誰かの考察の役に立てればと思います.
何も知らないまま言葉尻を捉えあう不毛な論争ではなく,何が良くて何が悪いかについて認識した上で,冷静な議論や意見交換が行われることを望みます.
ゲームは楽しく遊びましょう.

Comments are closed.